投資用のアパートを購入するメリット

資産形成や土地活用、あるいは子どもに財産を残すための手段として、不動産投資に注目している人は多いのではないでしょうか。中でも投資用のアパートは、毎月一定の収入が得られて限られた資金でも始めやすいため、購入を検討している人や、実際に経営している人が増えています。人気の秘密は、投資用アパートならではの様々なメリットが期待できる点にあります。
最大のメリットは、購入の際の借入金を月々の家賃収入の中から返済していくため、身銭を切ることがないということです。借入金の返済をして余った分の家賃が自分の収入になります。また、相続税や固定資産税などの節税対策にも効果的です。日々のメンテナンスや入居者への対応などの管理業務は、管理会社に委託してしまえば、今までと何ら変わりなく普段の生活を送ることができます。

投資用アパートの価値はどのように変動するか

不動産の価格は、物価の上昇の動きと連動している場合が多いです。物価が上がれば、所有している物件の価値も上昇することが期待できます。建物が徐々に古くなっていくからといって、資産価値が落ちていくばかりであるとはいえないのが投資用アパートの特徴です。優秀な物件なら、ある程度高い水準での家賃収入が継続的に得られるでしょう。
不動産は株式や投資信託と比べて、価格の変動が緩やかであることが知られています。株式や投資信託の値動きでは、市場の動向によって価値が激しく変動し、購入時の半値になったり、逆に倍の価格になったりしますが、不動産はそれほどの価値の変動はない場合がほとんどです。

アパート経営のリスクを充分に理解しておこう

投資用アパートの管理業務を管理会社に委託しない場合は、全て自分で行うことになります。共有スペースや空き部屋の清掃、機器類が故障した場合の修理対応などの建物自体の管理のほかにも、入居者に対しての家賃の集金や滞納時の催促、入退去時の手続き、隣人トラブルの対応など多岐にわたり、当然戸数が多いほど仕事量は増えます。専門の委託管理会社があるほどですので、大変な業務であるということは肝に銘じておきましょう。
そのほか、自然災害や火災の発生、近隣の環境の変化、経年劣化による建物のメンテナンス、家賃の下落、管理会社の倒産などのリスクがあります。空き部屋や入居者の家賃滞納があると収益に関わりますので、それらを極力なくしていく努力も必要です。

アイケンジャパンが選ばれている理由は入居者に選ばれるアパートづくり・サポートが鍵です。 アイケンジャパンの資料・DVDを無料でご覧いただけます。 はじめてのアパート経営でも様々な提案でサポートいたします。 経営に関する心配ごともアイケンジャパンで安心に変わります。 メンテナンスコストや入退去者の管理が大変で面倒くさいんじゃないか?全てお答えします。 不動産投資で新しい形を考えるならアイケンジャパンがイチオシ

ピックアップ記事

投資用アパートの収益性は入居率では計れない

投資用アパートを購入する際、多くの人がまず注目しがちなのは、入居率ではないでしょうか。入居率とは、文字通りアパート全体の戸数に対して入居している世帯の割合を示す数値です。入居している戸数÷総戸数で割り...

日本の投資用アパートは耐震性が重要

日本で不動産投資をするにあたって最も気になることのひとつは、耐震の問題でしょう。世界有数の地震大国と言われる日本では、1995年の阪神淡路大震災、2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震という未...

好立地の投資用アパートが人気

投資用アパートの購入にあたってまず注目したいのが、立地条件です。駅から徒歩圏内であったり、複数の駅や交通手段を選べたり、中心地からほど近い場所であったりと、アクセス面で条件の良いアパートは、入居者が集...


コンテンツ

カテゴリー