健康診断を完全サポートの代行サービス

健康診断の代行サービスが今選ばれている理由は、まず圧倒的な人手不足です。というのも、健康診断を社員に受けさせるには医療機関への予約、各社員との日程の調整、データの管理と整理、健康診断を受けた社員への通知、医療機関への支払いという経理、整理業務等々、やらなければならない業務が膨大にある為です。ただでさえ人手不足が叫ばれ続けている現在、通常業務に加えて健康診断業務まで行わなければならないとなれば、健康を意識して生活を正したり、病気を早期発見して治療を受けるきっかけとなる筈の健康診断で身体や精神の調子を崩す社員が出る、という本末転倒な結果になってしまいます。よって、健康診断に関わる事務、業務を専門とする代行サービス業者に委託することでその労力をカットし、社員の健康を本当の意味で守る会社が増えつつあるのです。

健康診断の代行サービス会社の選び方

健康診断の代行サービス業者にも種類と特色があり、対応の幅がかなりあります。しかしそれは会社に合わない代行サービス業者も存在するという事であり、どの代行サービス業者が良いのかどうかは慎重に選んだ方が良いでしょう。まず、実施したい健康診断に対応しているかどうかの確認は必須です。基本となる定期健康診断はほとんどの代行サービス業者が対応していますが、特定業務に対応した健康診断等は対応しているかどうかが分かれることがあります。また、その健診対象である従業員の追加や削除も、個人ごとなのか、部署ごとに一括等が出来るのか等の違いがあります。次に、対応する医療機関の位置や数を確認しましょう。全国に対応、とうたう代行サービス業者は多いですが、会社との距離や位置関係によっては交通の便が悪かったり営業日・休業日がかぶっていたり、思わぬ落とし穴がある可能性があります。

健康診断の代行サービス会社の選び方2

健康診断の代行サービス業者を選ぶポイントはまだあり、その1つが健康保険組合への対応です。補助申請を始め多くの申請、書類提出が必要であり、それが人数分となれば非常に負担の大きい業務となります。これをしっかりと減らせる代行サービス業者を選ぶことで業務による負担を大幅に軽減することが出来ます。また、健診結果の扱いも重要です。そもそも健康診断とは、毎年必ず受け続けることで「個人ごとの平均値」及び「個人の経年変化」のデータを集め、そこから異常を発見しやすくするためのものです。そのため健康診断の結果をデータ化することで管理しやすくかつ見やすくし、医療機関毎で異なるフォーマットに再変換しやすくする事は、健康診断というものの目的からすると大変有効です。もし万が一異常が発見されたとき、専門病院などに行く際データを先に転送しておいてもらえば適切な診察と治療が受けられる可能性が上がる為です。

従業員・組合員の健康リテラシー向上、健康経営や働き方改革推進につながる各種ご提案が可能です。 ネットワーク健診とHSSのセット導入キャンペーンを行っています。 専任チームによる、女性の為の健康支援サービスです。 伊藤忠商事の健康経営。 健康情報サイト『+Wellness』でお得なキャンペーンを実施中です。 健康診断の代行サービスはウェルネス・コミュニケーションズまで