健康診断お任せ代行サービスで時間と手間の節約

健康診断は、企業の職種や規模にかかわらず、最低でも年に1回は企業側の義務として行わなければならないと定められています。しかし、社員の人数が多いと1人1人のスケジュールを全て管理して、漏れがないように一斉に実施することも難しいですし、検診の予約キャンセルや日時変更の問い合わせで業務が煩雑になる、社員の自己管理に任せていたら検診の受診率が上がらない、多数の医療機関からの検診結果のデータ処理や清算処理が大変などといったトラブルや担当者の悩みを軽減、解消させるために、近年健康診断に関わる出欠、受診コースのとりまとめや清算などを外部業者に代行してもらうサービスが出ています。健康診断の代行サービスを利用することで、どのようなメリットがあるのか何を代行してもらえるのかを説明していきます。

健康診断の代行サービスは何をしてくれるのか

健康診断の代行サービスでは、定期健診、人間ドック、入社前の検診など、企業における必要な健康診断全般の事務的な手続きを代行してくれます。例として社員や企業の住所などに合わせた検診機関の手配や契約に始まり、各社員の検診日時のとりまとめ、急な予約のキャンセルや日時変更があった場合の手配、検診終了後、検診結果をデータで取りまとめ、分析して企業に提出します。また、検診にかかる料金は補助金の申請なども含め清算処理をしてくれるという流れが一般的です。その他にも、代行サービス会社の中には生活習慣病アンケートやストレスチェックの代行実施、検診の未受診者をデータ上で抽出し、一括でメール受診の催促などを行ってくれる企業もあるので、企業ごとにどの代行サービス業が便利か確認してみましょう。

代行サービスを利用するとどんなメリットがあるの?

健康診断の代行サービスを利用することで、事務的な負担を大幅に削減できるため、企業側の負担が大幅に軽減されることは言うまでもありません。その他にも、複数の医療機関から提出された検診結果を同じ様式のデータに取りまとめてもらえることで、報告やデータの管理がしやすくなります。代行サービス会社によっては企業の指定するデータで取りまとめもしてもらえるため、それまで企業側でデータ化していたものと統一も可能です。継続した社員の健康管理を行うことで、社員の業務の負荷がかかりすぎていないかなどの勤務状況を知ることもできます。社員側にも、継続したデータがあることで、問診票の記入にあたり紙でデータを保管してその都度確認する必要もありませんし、未受診時は催促が来るので受診漏れも防ぐことができます。企業と社員が同じデータを共有して見られることもメリットとして挙げられるでしょう。