投資用アパートの収益性は入居率では計れない

投資用アパートを購入する際、多くの人がまず注目しがちなのは、入居率ではないでしょうか。入居率とは、文字通りアパート全体の戸数に対して入居している世帯の割合を示す数値です。入居している戸数÷総戸数で割り出すことができます。
注意したいのは、入居率が高くなれば家賃収入も増えるので、その分収益も大きくなるかのように思われますが、必ずしもそうとは限らないということです。例えば入居希望者が少ない場合、やむを得ず家賃を値下げして入居率を上げたとします。この場合、入居率が高くても収益はさほど出ていないということがあります。1ヶ月から2ヶ月間、無料で入居できるフリーレントの取り組みも入居率は確かに改善しますが、その期間の収益は見込めません。オーナーが犠牲を払って入居率を獲得しても、それに見合うような高い収益は望めない可能性もあります。

収益稼働率を重視して高い収益を維持しよう

投資用アパートにおいては、入居率よりも収益稼働率に着目しましょう。収益稼働率とは、新築時に提案された家賃設定が、1年365日の間満室状態とした場合を100%として、それに対して年数が経つにつれてどれだけ実際の家賃収入が減っていくのかを集計した数値です。収益稼働率が高い物件ほど、好立地、耐震性能、防音性能などの条件をある程度満たしていて、年数が経過した後も高い収益が期待できます。投資用アパート購入時は収益稼働率を重視して正解でしょう。
ただ、入居率も高いに越したことはありません。優秀な物件は、入居率と収益稼働率の両方が高い水準で推移していますので、そういったアパートを探しましょう。

収益稼働率に優れた物件を探すには

収益稼働率に優れた投資用アパートを探したいなら、投資用アパートを専門に扱う会社に相談してみると良いでしょう。専門の会社であれば、立地条件が良く、耐震や防音性能に優れた物件を多数取り扱っています。その道のプロですので、収益稼働率をアップさせるコツを熟知していて、間違いのない物件をラインナップしています。そうした会社に相談してオーナーになれば、無数にある物件の中から好条件のものを探す手間も省けます。また、管理業務を代行してくれますので、生活リズムを変えることなく、毎月の投資用アパートの収益を得ることができます。様々な好条件の揃った投資用アパートが、これからの生活や人生をより豊かなものにしてくれるでしょう。

ピックアップ記事

投資用アパートの収益性は入居率では計れない

投資用アパートを購入する際、多くの人がまず注目しがちなのは、入居率ではないでしょうか。入居率とは、文字通りアパート全体の戸数に対して入居している世帯の割合を示す数値です。入居している戸数÷総戸数で割り...

日本の投資用アパートは耐震性が重要

日本で不動産投資をするにあたって最も気になることのひとつは、耐震の問題でしょう。世界有数の地震大国と言われる日本では、1995年の阪神淡路大震災、2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震という未...

好立地の投資用アパートが人気

投資用アパートの購入にあたってまず注目したいのが、立地条件です。駅から徒歩圏内であったり、複数の駅や交通手段を選べたり、中心地からほど近い場所であったりと、アクセス面で条件の良いアパートは、入居者が集...


コンテンツ

カテゴリー