時間をかけず必要な健康診断を受けるための代行サービス

手配が大変、受診率が低い、データをまとめるのが面倒など事業者にとって健康診断は悩みの種です。それだけならまだしも、健康診断の日程調整や労働基準監督署への報告で通常業務が滞ってしまうなど、仕事に支障を来すこともあります。そんな悩みを解決してくれるのが今話題の健康診断の代行サービスです。煩雑な手続きを代わりに請け負い、健康診断にかかる負担を軽減してくれます。健康診断の案内から予約の受付、病院の手配、清算の一括化、結果のデータ化など、さまざまな業務が代行可能です。未受診者への督促など、気が引けてしまう業務もすべて任せられます。多くの代行業者が独自のネットワークを持っており、全国各地の病院や施設と提携しています。そのためいつどこからでも利用が可能なのです。次項から健康診断の代行サービスについて詳しく説明します。

健康診断の代行サービスを利用することのメリット①

健康診断の代行サービスを利用することの最大のメリットは、何と言っても時間的負担が大幅に短縮されることです。健康診断が通常業務を圧迫してしまうことがしばしばありますが、代行サービスでは日程調整や病院への連絡もすべて業者が行ってくれるので、これまで手配に当てていた時間で本来必要な仕事を行うことが可能になります。また、ほとんどの代行業者が専用のサイトによるネット予約を可能にしており、利便性が図られています。各人が空き時間で予約を済ませられるため、業務時間中に急いで取りまとめる必要もありません。さらに労働基準監督署に提出する書類の作成代行や診断結果のアーカイブ化など、健康診断が終了した後のサポートまで受けられるのです。実際に導入した企業からは人事や経理の負担が大幅に軽減され、受診率もアップしたという声が上がっています。

健康診断の代行サービスを利用することのメリット②

健康診断の代行サービスを利用するメリットは時間の短縮以外にもたくさんあります。例えば健康診断にどんな項目を取り入れるべきかという相談も行うことができるのです。業者によってはおすすめの健康診断コースを提案してくれることもあり、それによってコストダウンを実現した企業もあります。さらに身体の健康診断のみならず、ストレスチェックまで対応している業者も多く登場しており、心身共にサポートを受けられます。メンタルヘルスの問題が増大している現代において心強い味方と言えるでしょう。また、事業者だけでなく、健康診断を受ける従業員にとってもメリットがあります。予約がスムーズになることで受診がしやすくなったり、結果がアーカイブ化されることで自身の健康診断の結果も把握しやすくなったりと、日々の自己管理に繋がるポイントが詰め込まれているのです。